黄体機能不全の治療

黄体機能不全の治療

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄体機能不全の治療法

黄体機能不全の治療には、主にホルモン剤を使ったホルモン療法が用いられます。
黄体機能不全の治療に用いられるホルモン療法は、黄体ホルモン補充療法と言いますが、具体的な治療法としては、子宮内膜が厚く柔らかくなるように補助する事を目的に、黄体ホルモンを投与しますが、基礎体温が高温になった時に投与します。

 

黄体機能不全の治療に用いられるホルモン剤には、内服薬と注射の両方がありますが、近年ホルモン剤の研究が進み、その結果、黄体機能不全の治療の成功率はとても高くなっています。
しかし、治療効果が現れるには一定の期間が必要で最低でも3ヶ月以上は様子を見る必要があります。
ですのである程度、治療に時間がかかる事を理解した上で治療を開始しましょう。

排卵障害が原因となっている場合

中には高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)等の、卵巣障害が原因となって、黄体機能不全を発症している場合もありますので、その様な場合はこのような病気を改善するための治療も行います。(参考:排卵障害の治療法

黄体とは

黄体とは、排卵の時まで卵子を包んでいる卵胞の事です。
黄体はプロゲストロンと言う黄体ホルモンを分泌する事により、受精卵が上手く成長できる様に子宮内膜の状態を整えます。

 

万一黄体機能不全になると、黄体の機能が低下してしまうためにプロゲストロンの分泌が妨げられるので、子宮内膜の環境が悪化す受精卵に悪影響が出てしまい流産してしまいます。
このような状態を防ぐのが黄体機能不全の治療です。


黄体機能不全以外の子宮の障害に関する治療情報は子宮の治療のページを御覧ください。