体外受精の方法

体外受精の方法

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

体外受精の方法は事前に理解しましょう。

体外女性は初めて行うと言う方が多いと思います。
そして他の不妊治療に比べて、不安に感じたり、どことなく心配と言う方も多いのではないでしょうか?

 

その様な不安や心配は、体外女性の方法を理解する事で多少は和らぎます。
過度な心配や不安は精神を圧迫し、不要なストレスを生むので、体外受精の方法は事前に把握しておきましょう。

 

また、体外受精は数日間と言う期間を、時間刻みで準備して言う事が必要な時もあるので、体外受精の方法を事前に聞いて、しっかり理解して、ミスのないように準備しておきましょう。

 

具体的な体外受精の方法

以下の様な順番で体外受精は行われます。

1)排卵の誘発

HMG製剤(卵巣を刺激して卵胞を発育させる薬剤)等の排卵誘発薬を用いて、排卵を誘発させます。この段階では、妊娠の確率を上げる事を目的に、複数の受精卵を着床させる為に、複数の卵子を成長させます。

 

2)採卵

卵巣から卵子を採取しますが、卵胞の大きさ等を確認しながら卵子を取り出します。
この時に女性の年齢がネックになる場合があります。
個人差はありますが、加齢の状況によっては、卵子の上手く成熟出来ない為採卵出来ない場合もあるからです。

 

3)精子の採取

精子の採取は採卵を行う日に行います。
方法は精液検査と同様の手法により精液を採取します。

 

精子の採取で大事なことは、採取当日から一週間位は射精をしないようにする事です。
つまり精子の採取日が決まったら、一週間前から禁欲が必要だと言う事です。

 

4)卵子の培養

卵子の成熟を促し良い状態にするために培養液の中で培養します。
培養時間は病院により異なりますが、6時間程度が多いみたいです。

 

5)精子の機能を高めます

精子の運動力等の機能を高めるため、精液に培養液を加えて遠心分離機にかけます。

 

6)媒精

採取した卵子に精子を受精させて、受精したら胚を子宮に移植します。
移植と言っても、麻酔の必要もなく時間も数分(2〜3分)で終わります。

 

実際には卵子に精子を加えて、卵管に近い環境で受精させる訳ですが、受精には、卵子と精子両方の細胞が問題なく結合する事が必要です。
然し老化した卵子細胞は、精子細胞と結合しにくい場合があります。

7)受精卵の発育

受精後受精卵は子宮内環境に近づけた培養器の中で育ちます。
受精卵になっても、元の卵子や精子の質が良くない場合、発育不良で上手く分割が進まない場合もあります。ですので、日頃から卵子や精子の質を低下させない様に食生活等の生活環境を整えておく事も大切です。
このような事も事前に把握しておきましょう。

 

8)終了したら

人工授精が終わったら、数時間(4〜6時間くらい)程度安静にしてから帰宅します。
病院によっては妊娠が確認されるまで入院してもらう場合もあるようです。

 

※体外受精の方法以外の体外受精に関する情報は、体外受精のページでご紹介していますので合わせて御覧ください。