排卵日の予測方法

排卵日の予測方法

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

妊娠成功は排卵日の予測から

上手く妊娠するには、妊娠しやすい時に性交を行う事がとても大切です。
その妊娠しやすい時を把握するために、最もお薦めの方法が排卵日を予測する方法です。
排卵日の予測方法を理解して、妊娠の成功を目指しましょう。

 

基礎体温のチェックが排卵日予測の近道

一般的な女性の場合、生涯の中で排卵する回数は約500回と言われています。
ですので、特に排卵日等を知らなくても妊娠できると言う人もいますが、
より確実に妊娠するには、自分の排卵のリズムを知っておいた方が良い訳です。

 

そして排卵のリズムを把握するために、最も適している方法が基礎体温をきちんと把握する事です。

 

多少の個人差はあるものの通常、月経サイクルは26〜35日位です。
基礎体温をチェックしておいて、低温期と高温期が切り替わる時が判れば、排卵日が把握しやすくなります。
何故なら、排卵が起こるのは、低温期の最後から高温期にかけての2〜3日間と言う場合が多いからです。

 

勿論、個人差もありますし、あくまでも目安ですが、
この目安さえ知っているのと知らないのでは、大きな違いとなるのではないでしょうか。

 

基礎体温を記録しましょう。

排卵日を予測するには、基礎体温を出来るだけ正確に把握する必要があります。
その為には、毎日測ったらきちんと記録して、グラフを付ける癖をつけると良いです。
基礎体温表を付けておくと、低温期と高温期が解りやすくなります。

 

ちなみに、低温期が終わる終わる頃にガクンと体温が下がる場合もあり、その後に高温期に入ります。
この時(体温が下がった時)から高温期にかけての2〜3日が排卵が起こりやすい時期です(あくまでも目安)

 

基礎体温の記録を始めたばかりだと排卵日の特定がしにくい場合があるので、3ヶ月程度は記録してみましょう。
そうすれば自分の排卵日が予測できるようになると思います。
勿論、基礎体温の記録は正確に行いましょう。

 

子宮頸管粘膜で排卵日を予測する

おりものと呼ばれる子宮頸管粘膜の状態でも排卵日の予想が出来ます。

 

通常はサラサラしている子宮頸管粘膜が、排卵が近づくと粘りを帯びてくるからです。
排卵予想日の少し前から、粘膜の状態をチェックしていき、サラサラしていた粘膜が粘りを帯びてきて、人差し指と親指で伸びるようになれば、排卵日間近か既に排卵されたと言う事になります。

 

この様に、子宮頸管粘膜(おりもの)の状態でも、排卵日の予想ができます。
ちなみに粘膜をチェックする時は、指を清潔にしてから行なって下さい。

 

子宮頸管粘膜の状態を調べるためには、子宮の入り口付近まで挿入して粘膜を取るので指が不潔だと病気の原因になります。
必ず手と指は清潔にしてから行なって下さい。