おたふく風邪にご注意を

おたふく風邪にご注意を

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

おたふく風邪は子種を失う

「おたふく風邪は子種を失う」って言葉、一度は耳にした事があるのではないでしょうか?
このような言い伝えがある位、おたふく風邪は状況によっては男性不妊を引き起こす原因となります。

 

おたふく風邪が男性不妊をおこす理由とは

おたふく風邪が男性の不妊原因となる理由とは、おたふく風邪を発症させるウイルスに
大きく関係します。
おたふく風邪には、ムンブスウイルスと言うウイルスが関係しますが、このムンブスウイルスは
時に高熱を長時間発生させる事があり、この高熱が長く続いてしまうと、睾丸にダメージを与えてしまいます。

 

最悪は睾丸炎や髄膜炎を併発します。

そうすると無精子症や精子欠乏症にかかる場合もあり、
そうなると、とても高い確率で男性不妊症となります。

 

然し、全ての男性がおたふく風邪でこのような状況になる事はありませんし、
多少の発熱では問題がありません。

 

また、十分体力があり、健康状態が問題ない場合は、このような状態になる事は稀です。
逆に言うと、健康状態が悪く、体力が著しく低下している時にかかると、
ただのおたふく風邪から、恐ろしいおたふく風邪に変わるので、普段から体力をしっかり保って
健康である事が大切です。

 

 

時には女性にも悪影響が

おたふく風邪と不妊症の関係で言えば、通常は男性の不妊の原因となると
言われていますが、時には女性の不妊の原因になる場合もあります。

 

それは、おたふく風邪で高熱を出してしまうと、卵巣炎を併発してしまう事があるからです。
そして卵巣炎も不妊症の原因となるばあいもあります。

 

この様に、男性に比べれば稀なケースですが、おたふく風邪で女性も不妊症になる
場合もあるので、男女共におたふく風邪には注意が必要です。

 

おたふく風邪は一回しかかかりませんので、その一回のおたふく風邪が酷くならないように注意しましょう。