異常はないのに不妊症?

異常はないのに不妊症ってあるんですか?

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

自覚症状がない場合もあります?

不妊症の場合、明らかに原因がある場合と、殆ど異常を感じられない場合(原因不明の不妊症)があります。

 

多くの女性は、体調も問題なく快調で、特に病気も無く、生理もきちんと正常だと言った場合、不妊症に繋がる自覚症状がないため、自分は不妊症ではないと思いがちです。然し、どこにも異常が感じられないのに、赤ちゃんに恵まれないと言う事も多くあります。

 

特別避妊をしていないのに一年以上に渡って、子供が出来ない状態が続いているなら、それは不妊症の予備症状だと思っても良いでしょう。

自覚症状には個人差があります。

自覚症状には個人差があり、感じ方もその人により異なりますし、殆ど感じないけども不妊症に繋がる症状もあります。

 

例えば、子宮筋腫等でも小さい場合は殆ど自覚症状はありませんし、内性器の奇形や多少の位置異常等も殆ど自覚症状はありません。そしてこれらの症状は、それ程大きな不妊症の原因とはならない場合が多いです。しかし、その他のマイナス要因が重なった場合は、不妊症になりやすくしてしまったり、程度を悪化させる事があります。

 

例えば知らずに無理なダイエットをしてしまったとか、悩み事が多くストレスに押しつぶされそうな毎日を送っているとか、生活習慣上での不妊原因が重なれば、本来は不妊症とまではならない程度の軽い原因でも、立派な原因として妊娠できない状態に貴女を落としこんでしまう事もあります。

 

この様に自覚症状がなく、何の異常もないのに妊娠できないと言った状態の方が怖いと言う事もあります。

 

シグナルのない恐さ

自覚症状が何らかのシグナルだとすればシグナルを感じないまま、ダラダラと時間ばかりが過ぎて行ってしまうと、貴女の生涯の妊娠計画にとって大きなマイナスです。何故なら女性には35歳の壁と言う言葉がある通り、どうしても加齢によって妊娠しやすい確率が下がって行くからです。

特に貴女が20代後半〜30代になっていれば自覚症状がなくても、不妊に対する知識や不妊症の予防に関する知識は身につけ、実行して見るべきだと思います。また、30代後半になっているなら思い切って病院で検査を受けるのもいいと思います。