冷え性と不妊

冷え性は不妊を作る

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊症改善は冷え性改善から

冷え性と不妊はとても関係が深く、不妊症で冷え性もあると言う女性は多いです。
不妊治療を行なっているドクターの中には、体温が0.2〜0.3度上がると妊娠しやすくなると言う人も多いです。

 

その為不妊体質を改善して妊娠体質になるには、冷え性の改善はとても大切です。
何故なら冷え性と言う症状は血行が悪く、身体の隅々まで必要な栄養素や酸素が行き届いていない状況です。
その為、妊娠に必要な栄養素が、細胞などの組織に行き届かないからです。

 

更に血流が悪いと、血液はにごりがちになります。
冷え性の女性は、子宮の中の血液が濁っていると言われます。

 

この様な理由により、冷え性は不妊症の原因となったり進行させたりしますので、まず不妊症の対策は冷え性の改善から始めましょう。

 

ホルモンと血行と冷えと

不妊の理由の一つに、ホルモンバランスが悪い事が上げられますが、冷え性もホルモンバランスを乱す原因となります。

 

冷え性になると、全身への血液の循環(血行)が悪くなります。
必要な栄養素が細胞に届きづらくなり、その為ホルモンバランス等も崩れます。

 

妊娠に関係するホルモンの中には、すごく微量なホルモンもあり、この様な性ホルモンが卵巣や子宮までちゃんと届かないと妊娠は出来ません。
冷えで血行が悪くなると、妊娠に必要なこの様な働きが阻害されます。
勿論全体的なホルモンバランスも崩れがちになります。
ホルモンバランスが悪い人は血行が悪く、妊娠しにくいと言われるのはこの様な理由からです。

 

内蔵を冷やすと子宮も冷える


冷え性と言うと手足が冷えると言う感じが多いですが、実は手足の毛細血管に血液が流れにくくなると言う事は、同時に内蔵に流れている血液も滞りがちになっています。

 

つまり手足が冷えると言う事は、内臓も冷えると言う事です。
内臓が冷える事により、子宮などの妊娠に必要な臓器も冷えてしまいます。
すると必要な栄養素が不足気味になるため、益々不妊が進むわけです。

 

冷え性を改善しよう

冷え性の改善方法としては、食べ物(食事)や運動、入浴などで改善していく事が出来ます。

食べ物


バランスの良い食事をきちんと摂ると言う事が基本ですが、血行を促進して身体を温める食材を多めに取り入れたメニューを作りましょう。
生姜などが身体を温める代表的な食材ですが、他にもネギやにんにく等も身体を温めてくれる食材です。

 

野菜には食べるべき時期があり、特に冷え性には影響します。
例えば夏野菜は外気温の高さから身体を守るために、身体を冷やす働きを持ちます。
対して冬野菜は、寒さで冷えた身体を中から温めて、身体機能を回復させる働きを持ちます。ですので夏野菜を冬に食べると身体が冷えます。野菜は基本的に旬の野菜を食べるようにしましょう。

 

アルコール


少々のアルコールも冷えた身体を中から温める働きを持ちます。
これは、アルコールには血液の廻りを良くして、血行を促進するからです。

 

勿論冷えたビールをがぶ飲みする等の飲み方では良くありませんが、就寝前に少々のお酒を暖かくして飲むと冷え性にはとても効果的です。中でも薬膳酒をお風呂上りや就寝前に適量飲むと効果は高いです。

 

運動


有酸素運動等の軽い運動を行いましょう。
時間は15分から1時間程度行うと良いです。
時間は短くても出来るだけ毎日行いましょう。

 

散歩程度の運動でも十分効果があります。
特にお天気の良い朝の散歩はストレス発散効果もあるのでお勧めです。

 

入浴


入浴も冷え性を改善する事が出来る方法の一つです。
お薦めの入浴方法としては半身浴です。
熱いお風呂に全身浴は、身体に負担がかかりますので、半身浴で20分程度ゆっくりと入浴しましょう。

 

カモミールやレモングラス、ラベンダー等のアロマオイルを使うと、リラックス効果が増しますのでストレス発散にも効果があります。ちなみにストレスも不妊症の原因となりますので一挙両得です。

 

入浴で気を付けたいことは、夏でもシャワーで済まさずに、一日一回はバスタブにゆっくり入浴すると言う事です。冷え性の方は夏でも冷えますので、入浴する事をお薦めします。
また、足湯も冷え性改善効果がありますので生活の中に上手に取り入れて見ましょう。