不妊と病院

不妊と病院

不妊に病院は深い関わりを持ちます。
今後不妊体質から不妊症になった場合を考えた時に、良い病院を見つける目を持つ事がとても大切だからです。

 

不妊で病院を探す人は、20代後半から30代に入った方が多いですが、一度不妊治療を始めると、ある程度の期間がかかりますし、病院の良し悪しは、外から見ても中々分かり難いからです。

 

更に治療に関する不安や悩みで、ゆっくり病院を選んでいる余裕がなかったりします。
そんな時に、こんな条件を備えている病院が不妊治療には良いとか、私の現状を考えると、このような条件に当てはまる病院が、私には合っているなと言った様な事を、漠然とでも自分の中で整理しておくと、いざ病院を探さないといけないと言う時に役立ちます。

 

病院探しのポイントは

病院探しのポイントは幾つかありますが、一番大切な事は、実際に不妊治療にどれだけ熱心に取り組み、成果を上げているかです。

 

積極的に情報開示を行なっている医療機関であれば、ホームページなどで公開していると思います。

 

次に大事なことは、きちんと納得できる様に説明をしてくれるかです。
事前に電話等で対応を確認してみましょう。

 

また、自分の環境に合っている事も大事です。
夜間や土曜日でも診療しているとか、仕事帰りに寄り易いとか等も、不妊治療での病院選びにはとても大切です。
不妊治療ー病院選びのコツとポイントも合わせて御覧ください。

 

転院願望に襲われたら

不妊で病院を探す人には30代の人が多いです。
このような人は、早く赤ちゃんを産まないと、一生赤ちゃんが出来なくなってしまうと言った様な焦りを持っている場合も多いです。

 

そうすると直ぐに治療結果を求めがちで、この病院より違う病院の方が良いのではないかと感じてしまい、何度も病院を変わってしまう人も多いそうです。
然し、不妊症の治療には、どうしても時間がかかる場合が多いです。
また、担当医との信頼関係も、不妊治療を成功させる為には必要です。

 

ですので、1ヶ所で最低半年程度は治療を続けて見るべきです。
どうしても病院を変われば変わるほど治療時間にロスが出ますし、新しい医師との相性もある程度の時間がないと分らないからです。

 

転院したほうが良い場合とは


色々事前に調べて病院を決めても、治療を始めてみて初めて分かると言う事も多いです。
中には、明らかに転院したほうが良いと言う場合もありますので、半年以上経過しても納得できる検査や治療、指導等をしてくれない場合は転院を考えてみましょう。

 

違う不妊病院に変わったほうが良い場合とは、下記のようなケースが多い時です。

 

不妊原因を突き止めるための検査が雑

不妊治療は検査から始まります。
筆記や聞き取りだけの検査で、具体的な検査をしないとか、基礎体温データーだけでホルモン剤を処方して、卵管などの器官の検査をしない等の様に、十分な検査をしないで、治療に入ろうとする病院の場合は、早急に転院を考えたほうが良いでしょう。

 

担当医の説明が不十分

インフォームドコンセントが、しっかり出来ない病院や医師では、安心して治療を受けることが出来ません。

 

このような状態では、不安や不信等がストレスとなって、治療を続けても良い結果は出ないと思いますので、担当医の説明が不十分な場合は、転院したほうが良いでしょう。インフォームドコンセントを行なっているクリニックを探しましょう。

 

ちなみにインフォームドコンセントとは、治療や検査に対して十分説明をして、納得してもらい患者さんから同意を得る事を言います。
難しい医療説明ではなく、素人にも理解できて、納得&安心出来る様な説明や、対応をしてくれる病院の方が治療効果も出やすいです。

 

担当医との相性が悪い

不妊治療では担当してくれるドクターとのコミニュケーションがとても重要です。
この先生なら信用できる、安心して治療をお願いできると思える事が、治療結果にも関わってくるからです。

相性の良し悪しは直ぐには分かりませんが、3ヶ月〜半年程度経過しても相性が悪い、この先生ではどうしても嫌だと思うようであれば、ストレスになりますので、担当医を変えてもらうか、転院したほうが良いでしょう。不妊にストレスは大敵です。

 

病院に行くほどではないけど心配と言う方は

人気の高い方法を試してみたらいかがでしょうか?

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい