着床障害

着床障害

着床障害とは簡単に言うと、受精した卵子が子宮にくっつくことが出来ないために妊娠できない状態を言います。
正常な状況では、精子と卵子が出会い受精して受精卵となります。
そして受精卵は子宮内膜に着床して成長を開始します。

 

この状態を妊娠したと言うわけですが、着床障害では正常に子宮に着床できないわけですから、妊娠は出来ないと言う事になります。

着床障害の原因とは?

主な原因は大きく分けて2つです。

 

一つはホルモンの異常が原因で発症するケースです。
黄体ホルモンのプロゲステロンが異常反応を起こしてしまい、本来は子宮内膜を着床しやすい状態に整えるはずの働きが、できなくなる為に、子宮内膜に着床できずに流れてしまいます。極初期の流産に見られる症状で、黄体機能不全とも言います。

 

もう一つは、子宮の形状に奇形があったり、機能不全を起こしていたり疾患が原因となるケースです。
子宮に問題がある場合は、子宮の奇形や発育不全、子宮後屈(癒着のない子宮後屈は問題ありません)等が、疾患が関係する場合としては、子宮筋層、子宮腔内の癒着、子宮内膜症や子宮内膜炎等が着床障害の原因となります。

 

玉ねぎや納豆が役立ちます

 
着床障害を発症する人には、アレルギー体質の方が多いです。
また、どうしても胎盤組織内の血流が低下してしまうために、機能が低下してしまうと言う問題が起こりがちです。

 

この様な時には、玉ねぎを使ったメニューを増やすと良いです。
玉ねぎに含まれるフラボノイドは、抗アレルギー作用が強いので、アレルギー体質の緩和や改善に役立ちますし、サイクロアイリンやアデノシンと言う成分には、さらさら血液効果が期待できるので、胎盤組織内の血流を促進する効果があります。

 

納豆も着床障害の予防に役立つ食材です。
納豆にはナットウキナーゼと言う栄養成分が含まれていますが、ナットウキナーゼは活性酸素から細胞を守ってくれたり、血液をさらさらにしますので、胎盤組織内の血流促進に加えて、着床障害を進行させる原因と言われる活性酸素から、卵子や子宮内膜の組織を守ります。

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい