不育症

不育症

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

不育症とは

不育症とは、何らかの原因で胎児が体内に留まり、成長する事が出来ずに流れてしまう症状です。
不育症だと、自分の身体が赤ちゃんを異物として認識してしまったり栄養分を運ぶ為の血管が詰まったり、胎児の発育不良などで妊娠しても流産や死産になってしまいます。

 

リラックスが必要です。


極度のストレスなどの精神的不安定状態は、不育症の予防・改善に良くありません。
ですので、出来るだけリラックス出来る状況を作りましょう。

 

リラックスするために効果的な方法の一つが、腹式呼吸です。
腹式呼吸はリラックスと共に、全身の体液の流れが良くなりますのでお勧めです。

 

玉ねぎや納豆が不育症予防に役立ちます

不育症に限らず、不妊症全般に食事は重要な役割を担いますが、中でも玉ねぎや納豆は不育症を防ぐために役立ちます。

 

玉ねぎの効果


不育症の原因には、アレルギーが深く関わっていると考えられていて、不育症対策の一つに抗アレルギー作用があります。

 

玉ねぎに含まれるフラボノイドは、抗アレルギー作用がありますので、アレルギーの抑制が上手くできる事から、玉ねぎは不育症の予防や対策に有効な食材の一つです。

 

また、胎盤の血流低下も不育症の原因の一つですが、玉ねぎに含まれるアデノシンやサイクロアイリン等の栄養素は、血液をさらさらにして、循環を良好にしたり血栓を防ぐので、胎児に栄養を送りやすくする事で、不育症の予防や改善に働きます。

 

他にも硫黄化合物が含まれているので、神経を安定させる効果があります。
不育症の場合は、他の不妊の原因よりも一度妊娠して期待させられた後で、流産や死産になるので精神的な負担が多いと言えます。
この様な時も、玉ねぎの精神安定効果は役立ちます。

 

納豆の効果


納豆も不育症予防に効果的な食材の一つです。
納豆といえば血液さらさら食材として有名ですが、その働きを行うのがナットウキナーゼと言う成分です。

 

ナットウキナーゼは、単に血液をきれいにさらさらにするだけではなく、血液の凝固を防いで血栓を予防する事も出来ます。
ですので胎盤内の血液をきれいにさらさらにして、胎児に栄養を届けやすくしますし、不育症の方には、抗リン脂質抗体が高い方や血小板凝固気味の方が多いですが、これらの症状の改善や緩和にも、ナットウキナーゼは有効です。