クラミジアの感染

クラミジアの感染と不妊症の関係

クラミジアの感染は怖い

クラミジア感染症はSTD(性感染症)と呼ばれる病気の一種です。
性感染症と不妊症は関係が深いですが、中でも女性にとってはクラミジアの感染は怖いです。

 

何故クラミジアの感染が他の性病に比べて怖いかと言うと、子宮や卵管等の生殖器官をボロボロにしてしまうからです。
具体的には、上行性感染や排卵水腫等の疾患を発症させる原因になるからです。

 

自覚がない恐さ

クラミジアの感染症は女性の場合、殆ど自覚症状がありませんので、クラミジア感染症にかかっている事さえ知らずにいる場合も多いです。更にクラミジアに感染すると、完治まで時間がかかる場合も多いです。

 

これは感染しても、身体のどこにクラミジアの感染巣があるか分かり難い為、治療効果が出にくい為です。

 

完全には完治しにくい病気です。

クラミジアは、ただ単に卵管組織にダメージを与えるだけではなく、組織の深層部に入り込んでしまうので、クラミジアは除去出来たとしても卵管は元に戻りません。
更に最悪の場合は、子宮内膜症を発症させたり、卵管や卵巣の癒着を起こしてしまいます。

 

そして不妊症体質へと、知らず知らずの内に移行してしまいます。

そうすると結婚して、いざ子供を持ちたいと思った時に後悔します。
ですのでクラミジアの感染は、今現在妊娠に興味が無くても、将来的な事も考えると防ぎたい病気です。

 

早期発見&早期治療が鍵です。

クラミジア感染症は、性行為によって発症する場合が殆どです。
特に女性の場合は、自覚症状が殆どありませんので、早期発見や早期治療が難しい病気と言えます。

 

しかし不妊症を防ぎ健康を考える上では、出来るだけ早期発見と早期治療が大切になります。
そして早期発見の最大ポイントは、女性には自覚症状がないけど男性には自覚症状があると言う事です。

 

男性の自覚症状を見逃さず、早期発見&早期治療をしましょう。
そのためには感染元が判らなくなる様な、不特定多数の異性との性交渉は避ける必要があります。

 

気になったら直ぐにチェックしましょう。
病院に行かず、自宅で一人で出来ます。
詳細はSTDの検査と予防のページで!

 

男性の自覚症状とポンポン感染

クラミジアに感染すると、男性には尿道炎の症状が出ます。
具体的には、排尿痛や尿道のかゆみや違和感等の自覚症状が出ます。

 

この時点が、クラミジア感染症を早期発見する最大のチャンスです。
そして直ぐに病院で治療を受けましょう。

 

時間が経過すると感染が広がり、どんどん深刻な状態になりますので、出来るだけ早急に病院へ行くことをお薦めします。

 

クラミジアは、STDなので男女共に治療する必要があります。
どちらかだけが完治しても、片方が感染しているとまた、性行為によって直ぐにうつるからです。

 

これをピンポン感染と言い、ピンポン感染を防ぐことがクラミジアに限らず性感染症を悪化させない最大の方法です。
ちなみに何度もクラミジア感染すると、当然不妊症になりやすいと共に深刻な不妊体質になりますので注意が必要です。

 

もし、不妊症が心配なら御覧下さい!
     ↓

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい