若年性更年期

若年性更年期でお悩みなら

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

若年性更年期障害が増えている

若年性更年期障害が近年増加傾向にあります。
若年性更年期が、妊娠にどのような悪影響を与えるかは後述しますが、明らかに妊娠できない原因になります。
まず初めに、ご自分が若年性更年期になっていないか簡単にチェックしてみましょう。

 

若年性更年期の簡単セルフチェック

下記の質問にイエス・ノーで答えて見て下さい。
大まかにですが、貴女が若年性更年期障害になっているかどうかの判断が出来ます。

 

・若年性更年期度チェック

 

1)のぼせ気味である

 

2)冷え性を持っている

 

3)腰痛や肩こりが酷いと感じる時がある

 

4)冷や汗をかいたり変な汗をかくことが多い

 

5)おしっこが近いと感じる

 

6)性交痛がありセックスに前向きになれない

 

7)お肌の状態がカサカサ肌状態である。

 

8)頭痛持ちである

 

9)めまいや立ちくらみを感じることがある

 

10)夜眠れない時が多い(不眠)

 

11)時々息苦しさを感じる事がある

 

12)疲れやすく、疲れが取れないと感じる

 

13)食欲がない

 

14)吐き気がする時が多い

 

15)色々な事に対して意欲が沸かない

 

16)神経質で日常的に不安に感じる

 

・判断方法
1〜16の質問に対して、

 

 「思い当たらない」なら0点、

 

 「思い当たる部分もあるが、日常生活に支障をきたす程ではない」なら1点

 

、「症状が強く日常生活に支障をきたす場合がある」なら2点、

 

として合計して下さい。

 

合計点が

 

・10点以内なら若年性更年期の心配はありません。

 

11〜20点以内なら今後、若年性更年期障害に注意が必要です。

 

21〜32点以内の方は、若年性更年期障害になっている可能性があるので、専門医での検査をお薦めします。

若年性更年期の原因

若年性更年期障害は、本来40歳を越えないと起こることがないと言われる更年期が、20代〜30代で起こる症状です。

 

この様な若年性更年期の原因は多くの場合、生活習慣や嗜好品等にあります
例えば、喫煙をする、ストレス体質でストレス解消が苦手とか、食事が偏っている、運動が嫌いで運動不足、間違ったダイエットをしている等と言った事が、若年性更年期になる原因です。

 

中でも喫煙は卵巣を老化させて、更に血管にダメージを与えて血流を低下させますし、たばこに含まれる400種類もの毒(有害物質)により卵子の質を低下させます

 

他にも極端なダイエットなども若年性更年期障害の大きな原因の一つです。
この様なダイエットは、卵巣機能を司る脳の司令塔(視床下部)に間違った司令を出させて、卵巣に多大な悪影響を及ぼすからです。

 

また、ストレスが多すぎたり、運動不足で血行が悪くなっても、ホルモンバランスを崩させたり、冷え性を発症させる原因となるので、最終的に若年性更年期障害の原因となります。

 

若年性更年期と不妊

若年性更年期が不妊の原因となるのは、若年性更年期と言っても、通常の更年期障害と同様の症状が現れるからです。

 

若年性更年期障害になると、20代〜30代の若い女性であっても、様々な要因で卵巣機能が低下してしまうため妊娠機能が低下してしまいます。
例えば、若年性更年期でも、一般の更年期と同じ様に生理が不順になりますし、ホルモンバランスが崩れるので、妊娠出来ない体質になってしまう可能性がある訳です。

 

ちなみにホルモンバランスが崩れ、自律神経系のバランスが不安定になると、ほてりや変な汗、冷え性等の症状が出ますし、ストレスなどの神経的な疲れも、性ホルモンの分泌を低下させます。

 

この様な症状が長く現れて、次第に若年性更年期障害から不妊症になってしまう場合が多いです。
ですので、若年性更年期にならないようにしっかり予防しましょう。

 

若年性更年期障害を防ぐには

  
若年性更年期障害にならないようにするポイントは、普段の生活習慣にあります。
禁煙、暴飲・暴食・インスタント食品・高カロリー食を止めて、栄養バランスが良く、規則正しい食生活をおくる。ストレスを溜めない。有酸素運動を行い運動不足を解消する。睡眠不足を防ぎしっかり眠る。冷え性の予防と解消。極端なダイエットや間違ったダイエットを行わない。等で若年性更年期は防ぐことが出来ます。